加古川駅から最寄の歯科/歯医者 | わきさか歯科クリニック

診療メニュー

一般歯科

歯の表層に出来た小さな虫歯は痛くないからそのうち治そうと思って放置している方、案外多いのではないでしょうか??
虫歯は自然治癒しませんので、必ず進行していきます。虫歯が進行すると冷水での痛みやかんだ時の痛みを引き起こし、やがてズキズキと痛み出します。当然、症状が悪化するにつれて、削る歯の範囲も広がり、治療回数も増えていきます。
虫歯の治療は早ければ早いほど通院回数も減り、憂鬱な思いも少なくてすみます。虫歯が小さければ削ったところを金属のかぶせ物ではなく、プラスティックの白い樹脂で補うこともでき、審美的な回復も可能です。

 

歯周病治療

歯周病とは、細菌(歯垢の中にいるばいきん)や外傷(歯ぎしりや食いしばりなどの癖)により、歯を支えている歯ぐきやあごの骨が炎症を起こし、重度になると歯が抜けてしまう怖い病態をいいます。
現在では歯がなくなる原因はむし歯より歯周病によるものが圧倒的に多いのです。
しかし、歯周病と自覚したときには病態が進行していることが多く、かみ合わせにも不具合がでてきたりします。
まずはご自身のお口の状況を知るためにも、一度歯周病の検査を受けられることをお勧めします。

 

小児歯科

子供の虫歯の進行は早く、気付いたときには歯の中でかなり大きくなっていることが多いようです。
永久歯に比べて、歯の大きさに対する神経の入っている場所の割合が大きいため神経まで処置しなければならないケースもしばしばあります。
また痛みがないからといって放置してしまうと、乳歯の下にある永久歯に悪影響を与えることもあります。
当院では、子供の虫歯治療では早期発見、早期治療を念頭に、歯ブラシレッスンや定期検診も行っております。子育て経験のあるスタッフがたくさんおりますので、ご安心ください。

 

予防歯科

最近の統計によるとここ数年子供の虫歯の数は減ってきています。 
現在、20年前に比べておよそ20%減、一人当たりの虫歯も4.6本から 1.8本に減っています。これは文部省の号令で給食後の歯磨きを推進したことや、 フッ素入りの歯磨き粉の急速な普及によるものと考えられています。
しかし日本人全体の約9割は虫歯にかかっていると言われています。
虫歯のない方、虫歯の治療を終えた方、これからはいかに虫歯にならないようにするかを考えていく必要があります。

 

インプラント

インプラントとは歯を失ってしまった場合に「第二の永久歯」として人工的に作られた歯根を歯の抜けしまった部分に埋め込む画期的な治療法です。
天然の歯のような自然な噛み心地と審美性をもち、埋め込む金属部分も人体との親和性の良いチタンなどで出来ているため金属アレルギーの心配もございません。
まるでご自分の歯が蘇ったかのような感覚を得られ手入れさえしっかりしていれば半永久的にご利用できます。

 

審美歯科

私たちは職業柄か、人とお会いしたときに自然と口元に視線がいきます。 
「少し歯並びを変えるとかなりイメージがかわるのに…」 
「歯並びがきれいなのでもう少し白い歯ならよりきれいなのに…」
人を見てそう感じるのは私たちだけでしょうか? 鏡に映る自分の顔を見て口元に悩みを抱えている人もいらっしゃるのでは ないでしょうか? 歯の色や歯並び、歯の形、歯ぐきの色など。
口元に関する様々な悩みに対応させていただきます。

 
わきさか歯科BLOG
加古川駅のわきさか歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
Mobile site
pagetop