加古川駅から最寄の歯科/歯医者 | わきさか歯科クリニック

矯正歯科

矯正を迷っている方へ

矯正治療を行うメリット

歯列矯正のメリットは、見た目だけではありません。
体調管理から疾患予防まで、歯並びを整えることには実は多くの利点があるのです。
しかし、一般的にはそれらの利点は知られていないことが多いもの。

■食べ物をしっかりと食べられる
歯並びが悪いとバランス良くものが噛めません。噛み砕く力が弱く、食べ物を大きな塊のままの飲み込むことになり、胃や腸などにも負担がかかります。正しい噛み合わせとなるため、これまで以上にものを噛む力が強くなります。これにより、口内の片側の歯だけで食べ物を噛むというようなことがなくなり、お食事を正しく・美味しく・健康的に召し上がることができます。

■虫歯や歯周病になる可能性を減らせる
歯並びが悪いと歯が磨きずらくなります。
食べ残しが挟まったままになったり、磨き残しができるため、歯垢や歯石が溜まり、虫歯や歯周病になりやすくなります。矯正治療をすることで隙間をなくし、歯の健康を守ることができます。

■顔の輪郭を正常にする
噛み合わせが悪いと、無意識のうちに口内の片側だけでものを噛んだり、あごをずらして噛んでしまいます。
この状態が続くと、ずらしたあごや口の片側の筋肉が硬直してしまい、顔の輪郭が変形してしまうことがあります。
矯正治療を行うことで、こうした顔の輪郭をもとに戻すことが可能です。

■人前で自身を持って、話せる・笑える
発音には前歯のかみあわせがすごく重要です。
出っ歯、開口などで前歯がしっかりかみ合っていないと息がもれてしまい、うまく発音できないことがあります。
また、極端な出っ歯や受け口やデコボコの歯並びを美しいと思う人はあまりいません。口元の美しさは人によい印象を与えます。

■あごの病気や未病を予防する
悪い噛み合わせでは、きちんと噛みしめることができないため、顔や首周辺の筋肉、骨に悪影響を与えてしまいます。さらに悪いは、消化器官はもちろん、発育や姿勢にも影響を与えるといわれています。
噛み合わせを直すことで、周辺の筋肉のバランスを補正することができます。
近年、不眠の理由のひとつに、歯並びが関係しているとの報告があがっています。

 

悪い歯並びが起こる原因

歯並び・かみ合わせの悪いお子様が増えてきているのには、以下のような理由があります

■遺伝
歯の大きさや本数は遺伝によって決まっています。
永久歯が足りない、多い人は、早期の治療が必要になる場合もあります。
また、親がうけ口であれば、子供もそうなりがちな傾向があるようです。

■食べ方
やわらかいものばかりを食べるような食生活をしていると、アゴが十分に発達せず、その結果、歯の大きさとのバランスが悪くなり、凸凹ができやすくなります。

■日常の癖
幼児期の指しゃぶり、唾を飲む時に舌を突き出したり、指や爪を噛んだり、指しゃぶりや頬づえなどの癖を続けていると、前歯がかみ合わなくなったり、顎が変更することがあります。

■虫歯・病気
乳歯の時期に虫歯などで、自然に永久歯と生え代わる以前に乳歯を抜いて、その後適切な処置を受けずにそのまま放置した場合、永久歯の並ぶだけの十分なスペースが確保できなくなって不正咬合になってしまいます。

また、成長発育期に、鼻づまりや扁桃腺肥大などの病気になり、症状が長期化すると、歯並びや咬み合わせに悪い影響をおよぼすといわれています。

■口呼吸
正常な呼吸の方法は鼻呼吸ですが、口呼吸を続けていると口の中が乾燥して、病原菌に対する抵抗力が弱まるだけでなく、顔面の発育・成長にも悪影響を及ぼします。
バランスのとれた顔面の成長に、鼻呼吸は欠かせません。

わきさか歯科BLOG
加古川駅のわきさか歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
Mobile site
pagetop